石けんシャンプーの理容店【ヘアサロンみどり】ブログ

茅野市の理容店「ヘアサロンみどり」の店主が書いています。
当店は、石けんシャンプーとヘナの専門店です。
髪と頭皮の健康と美しい髪のために、
洗髪に石けんシャンプーを勧めています。
「ヘアスタイルは健康な髪から」
髪という「素材」を大切に仕事をしています。
紅葉を見に行ってきました

いつもありがとうございます。

 

蓼科高原の標高900mにある理容店、ヘアサロンみどりです。

 

(こう書くとすごい所にある感じがしますね…(^_^;))

 

「長野県の人は自分の家の標高を言える」

 

これ、長野県人のあるあるです。

 

長野県の皆さん、自分の家の標高・・・言えますよね!?

 

さて、今日は夕方、御射鹿池まで紅葉を見に行って来ました。

 

御射鹿池(みしゃかいけ)とは、、、

 

標高1,500mの山の中にある風光明媚な池。
静かな水面には背景の山々の風景が逆さに映り込み、

幻想的な光景を創り出します。
日本を代表する画家、東山魁夷氏の有名な作品、

「緑響く」のモチーフにもなったことでも知られています。

(茅野観光ナビより)

 

ということで、最近人気の観光スポットです。

 

我が家からは、車で20分ほどです。

 

家から近いのですが、

もうウン十年、行ったことないので、

超久しぶりの訪問です。

 

午後3時半ごろ現地到着。。。

 

平日、しかも夕方なので、人はいないと思っていたら、、、

大きな間違い。

 

駐車場は満車状態で、混雑していました。(@ ̄□ ̄@;)!!

 

写真を撮る人が大勢・・・さすがです

 

なんとか駐車場に入って、私たちも撮影会に参加しました。

 

スマホとコンパクトデジカメで…。

 

 

もう湖面には日影ができていました

 

でも逆に、湖面の緑色と木々がマッチしていい感じでした。

 

湖面の緑色が幻想的です

 

風がなかったので、湖面への映り込みもきれいでした。

 

今度は春先、緑が映える頃に行きたいですね。

 

でもその頃も、混雑しているんだろうな〜

 

御射鹿池の紅葉は、今週末までが見頃のようですよ。

| 雑記 | 21:08 | comments(0) | - |
石けんを勧めるワケ

いつもありがとうございます。

 

石けんを使うことでシンプルで健康的な生活を提案する理容店、、、

ヘアサロンみどりです。

 

当店では洗髪も顔そりも、石けんを使います。

 

お客さんに使うタオルも、石けんで洗っています。

 

店内に合成洗剤はありません。

 

でも、別に、合成洗剤を否定しているわけではありません。

 

石けんで全て洗えるので、合成洗剤を使う必要がないのです。

 

石けんがあれば、合成洗剤をいくつも買わなくても良いのです。

 

石けんで洗うと、肌荒れや手荒れがないので、使っているのです。

 

石けんには、合成洗剤よりも優れていることがあるのです。

 

なので、合成洗剤追放運動とか、合成洗剤反対運動をするつもりはありません。

 

石けんと合成洗剤、、、どちらも、共存していけば良いのです。

 

私たちも、昔、お店を始めたころは合成洗剤ばかり使っていました。

 

理容師は、水仕事が多いから、手荒れ・肌荒れは当たり前。

 

当時は、男の私でも、手はボロボロでした。

 

が、石けんを使うようになってから、手荒れはなくなり、

肌荒れもなくなり、健康な肌になりました。

 

毎日使う洗剤・シャンプーを石けんに替えただけです。

 

合成洗剤を使っていて、何の不満もトラブルもない人は、

合成洗剤を使っていても良いと思います。

(アノ臭いだけは勘弁してもらいたいけど…)

 

ただ、洗剤を石けんに替えると、もっと良いこともあるから、

私たちは石けんを使った生活を提案しています。

 

その、もっと良いこと…については、お店で聞いてくださいね。(^^)

| せっけん | 22:28 | comments(0) | - |
あれから一年・・・

いつもありがとうございます。

 

石けんを泡立ててシェービング(顔そり)をする理容店、、、

ヘアサロンみどりです。

 

私は、毎朝する自分の髭剃りも、液体石けんを泡ポンプに入れて、

その泡を使って、安全カミソリで髭を剃っています。

 

シェービングソープを石けんに変えてから、肌の状態は絶好調です。

 

さて、毎年10月の第3日曜日は、大町アルプスマラソンが開催される日でしたが、、、

今年は新型コロナウイルスで大会は中止でした。。。残念。

 

思い起こせば、昨年の大会は、、、

ハーフマラソンに出場し、12キロ地点で肉離れになり、

人生初のレース途中棄権…でした。

 

その時、とても悔しかったので、

「大町の借りは大町で返す!」

っと誓ったのですが、、、

その思いはさらに来年に持ち越しです。

 

コロナさえなければ、今頃は大町を快走していたのに…

ということで、今日は、久しぶりに、長距離ランニングをしました。

 

家から八ヶ岳方向に上って行って、後半はひらすら下って来る、

16キロコースです。

 

久しぶりなので、ペースは上がらず、、、息が上がりました。(^_^;)

 

途中、八ヶ岳と蓼科山の山頂に雪が積もっているのが見えて、驚きました。

 

どうりで寒いわけです…ね。

 

手袋をして走って正解でした。

 

実は、車は、もうスタッドレスに履き替えてあります。(^^)/

(先日の車の点検と一緒に替えちゃいました)

 

今年の冬支度は、早めにした方が良さそうですね。

| 雑記 | 23:23 | comments(0) | - |
洗浄力で選ぶなら…固形石鹸

いつもありがとうございます。

 

お客さんの髪を、固型石けんで洗う(こともある)理容店、、、

ヘアサロンみどりです。

 

普通、「シャンプー剤」と言えば、液体のシャンプー剤を想像しますよね。

 

市販で売っているシャンプー剤は、ほとんど全部、液体状ですからね。

 

もちろん、石けんシャンプーも、液体タイプが主流です。

 

でも、石けんには、固形の石けんもあるわけで、

固形のシャンプー(シャンプーバー)というモノもあります。

 

固形石けんで髪を洗っている人、、、結構、多いです。(^_^;)

 

まあ、形状はどうであれ、石けんは石けんですから、何でも洗えます。(^^)/

 

当店でも、お客さんの髪の状態によって、シャンプー剤を選んで洗髪しています。

 

で、時には、固形石けんで洗う人もいます。

 

それはどんな時かというと、、、洗浄力を求める時です。

 

髪には、汗、皮脂、埃などの汚れの他に、

ワックス、ジェル、スプレーなどの整髪料の汚れもあるし、

お仕事柄、機械油や油絵具のようなモノまで、付いていることがあります。

 

強力な汚れに対しては、洗髪回数を増やすという方法もあるのですが、

強い洗浄力で、回数は抑えて洗髪したほうがラクです。

 

なので、そんな時には、固形石けんの登場です。

 

やはり、液体石けんよりも、固形石けんを直接髪に擦りつけた方が、

洗浄力が強くて、汚れが早く落ちます。

 

固形石けんの方が、洗浄剤としての「石けん」の分量が多いですからね。

 

液体石けんの方が、含まれる水分が多いので、ちょっと洗浄力が落ちます。

 

なので、固形石けんで洗った方が、頑固な汚れが落とせます。

 

ただし、一口に「固形石けん」と言っても、洗浄力は様々です。

 

その石けんの洗浄力は、含まれる「脂肪酸」の、種類と量で決まります。

 

含まれる脂肪酸は、石けんの材料に使った油(脂)によって決まります。

 

なので、材料となる油(脂)によって、石けんの洗浄力は変わるわけです。

 

ここが、石けんの面白いところですね。

 

このところ髪が洗えなかった…とか、

頭皮や髪がちょっと汚れているな…と感じたら、

固形石けんで洗うと良いですよ。

| 石けんシャンプー | 22:32 | comments(0) | - |
ヘナの専門店

いつもありがとうございます。

 

白髪を植物の染毛剤ヘナで染める理容店、、、ヘアサロンみどりです。

 

当店はHPにも書いてありますが、、、

「ヘナの専門店」・・・だと名乗っています。

 

当店がヘナ染めを始めたのは、もう20年以上前のことです。

 

その頃は、私たち理容師も「ヘナって何?」という状態で、

ヘナは雑貨としての扱いなので、売っている所も少なく、

染まる色味が少ないし、染まるのに時間は掛かるわで、

お店のメニューに入れるのには勇気がいりました。

 

それでも、頭皮と髪に優しい、染まると退色しにくいなど、

私たちの求めている「安心・安全」という点が優位で、

デメリットよりもメリットが勝り、採用しました。

 

当時は、周りにヘナをしている理美容店が少なかったし、

カラーはアルカリカラーを全部やめて、ヘナだけになったので、

「ヘナの専門店」を名乗ってきました。

 

でも、最近はヘナ染めをする理美容店も増えてきて、

さらに、当店の白髪染めのメニューとしては、ヘナの他に、

アルカリカラーを使った「白髪ぼかし」というメニューもあるので、

ヘナ染めが100%じゃないし、「専門店って名乗るのはどうなの?」…

と、思っていました。

 

ウィキペディアによると・・・

 

専門店は、ある特定のジャンルの商品を中心に販売する店。
経済産業省では「取り扱い商品が、特定の分野で90パーセント以上を占める店で…(以下省略)」

 

とのことですので、まあ、それでもいいかも…と思っています。

たぶん。(^_^;)

 

実際、白髪染めでは、ヘナ染めのほうが多いですからね。

 

っということで、これからも「ヘナの専門店」で行こうと思います。(^^)/

 

これからも看板に恥じないように精進していきます。

| お店の紹介 | 22:51 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
profilephoto