Beuty!Healthy!Happy! (健康美髪師ブログ)

長野県茅野市の理容店「ヘアサロンみどり」の店主が書いています。
当店は、ヘナと石けんシャンプーの理容店(床屋)です。
髪と頭皮の健康を考えて、石けんシャンプーの利用を勧めています。
「ヘアスタイルは健康な髪が基本」という考えから、髪という「素材」を大切に仕事をしています。
美と健康と幸せを感じる生活を目指し日々奮闘中!
泡立たない髪

いつもありがとうございます。

 

当店は、石鹸シャンプーしか使わない理容店です。

 

どんな髪も、石けんで洗います。

 

昔、石鹸をシャンプーを使い始めたころは、

「傷んだ髪は石けんで洗えない…」

なんてことも言っていましたけどね。 (^^ゞ

 

今では、色々と髪に合わせた洗い方がわかってきたので、

どんなに傷んだ髪も石鹸でバッチリ洗えます。

 

って言っても、ものすごく傷んだ髪は・・・ご勘弁ください。

疲れるから…。(笑)

 

さて、私たちは仕事の中で、多くのお客さんの髪を洗います。

 

当店のシャンプー(洗髪)は、基本的に2度洗います。

 

シャンプーは、ただ髪の汚れを落とすだけでなく、

髪の中に残っているカットした髪を落とすことや、

頭皮の血行を良くするマッサージの目的もあるので、

2度洗います。

 

もちろん2回とも、きちんと泡立てて洗います。

 

普通は、1回目でモコモコ、2回目でさらにモコモコ…という感じ。

 

が、中には、1回目から全然泡立たない人がいます。

 

2回目でなんとか泡立つ人、、、

3回目でやっと泡立つ人、、、

4回目まで・・・なんて人もいます。

 

石けんが泡立たない理由は一つ、髪が汚れているということ。

 

汚れと反応して石けんは汚れを落とすのですが、、、

汚れが多いと、石けんの量が足りなくなって、

泡立たない=汚れが落ちなくなるのです。

 

ただし、「汚れ」と言っても色々です。

 

頭皮から出る汗や皮脂…は、誰にでもある汚れですね。

 

ワックスやスプレーやムースなどの整髪剤…も汚れです。

 

椿油やホホバ油などのオイル類…も汚れです。

 

あと、TVCMで見るようなシャンプー・トリートメント剤に入っている、

髪に被膜する成分…も、当店では、汚れという認識です。

 

シリコーンや合成界面活性剤…も汚れですね。

 

髪に付着しているものは全て…汚れです。 (^_^;)

 

「汚い」とか「きれい」とかは関係ないのです。

 

なので、見た目はキレイな髪の人でも、石けんが泡立たない人はいます。

そんな人は、2回、3回…と洗います。

泡立つまで洗います。

 

石けんシャンプーは、髪の汚れのセンサーの働きもあるのですね。

 

当店で、何度もシャンプーで洗われる人は、、、要注意です。(笑)

| 石けんシャンプー | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
シャンプーにこだわるわけ

いつもありがとうございます。

 

当店は「石けんシャンプーの理容店」です。

 

当店では、どんな髪も「石けんシャンプー」で洗髪させていただきます。

 

っていうか、お店にあるシャンプー剤は、石けんシャンプーしかないので、

他のシャンプー剤で洗うことはできない…だけですけど。(^_^;)

 

うちのお店が、なぜ、カットでもなく、ヘアカラーでもなく、

シェービングでもなく、パーマでもなく、トリートメントでもなく、

シャンプーにこだわるのか・・・??

 

それは、髪と頭皮の健康ためには、毎日のシャンプーが大切だと考えているからです。

 

「髪」が健康だと、カットもヘアスタイルも決まるのです。

「頭皮」が健康だと、美しい髪になるのです。

 

逆に、髪が傷んでいたり、変なモノが付着している髪だと、

いくら上手にカットしても、ヘアスタイルが決まらないのです。

 

ヘアスタイルを作るには、理容師のカット技術も大切だけど、

素材である髪の毛の健康って、それ以上に大切なのです。

 

実は、傷んだ髪を、思ったようなヘアスタイルにするのは至難の業…。

 

なので、当店を訪れる人には、髪を大切にしてもらいたい。(^_^;)

 

みなさんも、自分の体の健康は気にしていると思いますが、

病気になって最先端の医療を受けるよりも、健康でいることのほうが大切ですよね。

 

だから私たちは、予防医学と同じ考えで、髪も予防理容と考えています。

 

ヘアケアの基本は、とにかく髪を傷めないこと。

 

で、そのためには、月に一回の理容店で、髪のケアをするだけでは、全然ダメ。

 

毎日の、家でする、自分でするヘアケアが影響するのです。

 

家で毎日するものと言えば、、、そうシャンプー(洗髪)です。

 

毎日のシャンプーで髪を傷めている…なんて、信じられないと思いますが、

髪は洗えば洗うほど傷みます。これが事実。

 

その傷みのレベルを、いかに最小限にするか・・・だけです。

 

私たちは、お客さんの髪と、一生お付き合いしたいと思っています。

どうせなら、その人の髪に、最後まで責任を持ちたいと思っています。

 

そのために、髪は石けんで洗ってもらいたい。

 

本当は、石けんも洗剤だから、使わないほうが良いのだけれど、

洗剤を全く使わないのも、今の時代、難しい事もあるから・・・ね。

 

どうせなら石けんで洗ってもらいたい。

 

当店が、17年前からずっと、石けんにこだわり続けているのは、

そんな「想い」も、理由の一つなのです。

| 石けんシャンプー | 22:09 | comments(3) | trackbacks(0) |
石けんシャンプーと泡立ち

いつもありがとうございます。

 

今日は、天気予報では雪でしたが、、、

なんとか雪にはならず雨になって、それでも寒い一日でしたね。

 

これでさらに桜の便りは遅れそうです。

 

さて、当店は、石けんシャンプーで髪を洗う理容店です。

 

それ以外のシャンプー剤は、店内に置いていないので、

どんな人でも、石けんで髪を洗わせてもらいます。はい

 

時々ですが、、、

石けんシャンプーで洗い始めると、全く泡が立たない人がいます。

 

本当に「あれ??」と思うほど、泡立たない…。

 

石けんシャンプーは「泡」が命です。

 

泡立たないと、石けんの優秀な洗浄力を発揮できないので、

汚れは全く落ちません。(T_T)

 

その泡立たない人がどんな人かというと、、、髪が汚れている人です。(^_^;)
 

「汚れ」というと、汗や皮脂や埃など…だと思われがちですが、

ワックスやムースなどスタイリング剤も、シャンプーにとっては立派な汚れです。

椿油やホホバ油も、かなり強力な汚れです。

 

髪に余計なものがついている髪=汚れている髪 です。えぇ

 

あと、CMで良く見るシャンプー剤の、リンスやトリートメント剤を使っている人。

 

強力なコーティング成分が、髪の毛にくっ付いています。

 

リンス・トリートメントの補修成分も、立派な汚れですからね。

しかも、すごく頑固な汚れです。

もう、毎日汚れを蓄積している…ようなものです。(^_^;)

 

で、そのように泡立たない人は、泡立つまでシャンプーをします。

 

シャンプーしてはすすぎ、シャンプーしてはすすぎ、、、

2回、3回、4回…と繰り返すことで、やっと泡立ちます。

 

泡立った=汚れが落ちたという目安です。

 

石けんシャンプーは洗浄力は強いので、

汚れを落とすことは得意です。

 

他の合成界面活性剤入りのシャンプー剤を使った場合だと、

汚れを完璧に落とすには、もっと洗う回数が必要でしょうね。

それらは、泡立ちだけは良いから、汚れの落ち度はわからないし…。

 

ヘアスタイルを作ることも、ヘナで染めることも、

まず、髪の汚れを落とすことが大切です。

 

本来の髪に戻すことが、本来のシャンプーの目的なのです。

 

石けんシャンプーを勧める理由は、そんなこともあるのです。

| 石けんシャンプー | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
髪が抜ける…?

いつもありがとうございます。

 

「石鹸シャンプーを使い始めたら、髪が抜け始めたけど大丈夫?」

という質問をいただきました。

 

時々、同じような質問を受けるのですが、、、ほとんど「大丈夫」でしょう。(^_^)

 

石鹸シャンプーと抜け毛は、ほとんど関係ないです。

 

「絶対に」…とは言えませんけどね。。。

 

髪は、頭皮という皮膚のなかでも、一番下のほう(奥のほう)の、

皮下組織にある毛乳頭というところで作られてます。

 

その毛乳頭にある毛母細胞が、

血管から栄養を受け取って分裂し、髪は成長するのです。

 

髪を洗う時、石鹸シャンプーが侵入(浸透)できるのは、

頭皮の中でも、表面にある表皮まで、、、、

かなり頑張っても、その下の真皮というところまでです。

 

毛母細胞までは影響はないと思います。

(実際は見たことがないので、あくまでも予想です)

 

別な言い方をすれば、頭皮のバリア機能は、そんなに甘くはないので、

洗髪で頭に石けんをつけたくらいでは、毛穴の中まで浸透させてくれません。

 

ましてや、脱毛させるなんて…。

 

これは、どんなシャンプーを使っても同じです。

 

石鹸が弱アルカリ性だから、、、とかいう問題でもありません。

 

シャンプー剤が原因で髪が抜けるということは、まず無いでしょう。

(皮膚疾患やアレルギーは別ですけど)

 

でも、それでも「石鹸を使い始めたら…」ということなので、

何か、他に原因があるかもしれませんね。

 

一番疑わしいのは、髪の「洗い方」、洗髪方法でしょうか。。。

 

石鹸に替えてから、頭皮をしっかり洗わないといかん!と思って、

今まで以上にゴシゴシ洗ったとか。。。。

 

今まで、手(指)だけで洗っていたけど、

シャンプーブラシなどを使って、洗うようになったとか。。。

 

石鹸で洗って、きしんでしまって、髪が絡んだりしたところを、

いつも以上に力が入ったとか。。。無理に引っ張って洗ったとか。。。

石鹸には、ツルツル成分が全くないからね。きしんで当たり前です。

 

洗い方が変わると、抜け毛の量も変わります。

 

しっかり洗うと、いつもよりは抜けるでしょう。

 

でも、一日100本くらい抜けるのは、普通ですから、ご心配なく。

(もちろん、本数には個人差があります。)

 

髪には、ヘアサイクルというがあるので、

抜けてもまた生えてくるので、大丈夫です。

 

あとは、季節の変わり目で、体内のホルモンバランスが乱れたり、

寒くなって体の冷えから血流が悪くなって、ちょうど抜ける時期だったとか。。。

 

女性のロングヘアだったら、抜け毛が1本・2本多くても、

見た目で多く感じます。

 

まあ、抜け毛については、石鹸シャンプー云々よりも、

洗い方など、他の要因が考えられます。

 

抜け毛が多くて心配な方はご相談ください。

 

余談ですが、毎日の洗髪は、シャンプー剤に何を使うか…も大切ですが、

それよりも、洗い方のほうが大切だし、

実は、洗い方よりもすすぎ方のほうが、もっと大切ですよ。

| 石けんシャンプー | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
床もツルツル…

いつもありがとうございます。

 

ブームになっていたノンシリコンシャンプー…。

そろそろ下火でしょうか?

 

シリコーンは髪に良くない…というイメージで注目されました。

 

でも、シャンプーにはシリコーンが入っていないけど、

セットで売っているトリートメントには、シリコーンがたっぷり…

なんていう、詐欺みたいな商品も、巷では相変わらず売っています。

 

シリコーンは本当に悪者だったのでしょうかね・・・?

 

それよりも、カチオン化されたポリマーのほうが、

私は、たちが悪い気がするんですけどね。

 

「ノンシリコンシャンプー使ってます!」

なんて言う人の髪でも、不自然なツルツル感があります。

 

そんなシャンプーには、カチオン化セルロースとか、

カチオン性の合成界面活性剤が入っています。

 

そんな人の髪をカットすると、

落ちた髪で、お店の床もツルツルになります。

 

髪だけでなく、床もコーティングしてくれます。

 

おかげで、床のワックス不要…。(^^ゞ

 

恐るべし、カチオン化成分!

 

それくらい強力に付着する成分が入っているんですよ。

 

そんな成分が、髪はともかく、頭皮や手に付着するから、厄介です。

 

シリコーンだけが悪者じゃないのです。

 

「髪にも、頭皮にも、手にも、変なものは残さない」

これが当店のヘアケア&スキンヘアの基本になっています。

 

だから、毛穴をきれいにしても効果のないヘッドスパや、

化粧品を塗りつけて肌を荒らすだけのフェイシャルエステはしません。

 

私たちは、わけのわからない成分の入ったモノは、

お客さんの頭にも、顔にもつけないようにしています。

 

大切なものは、ちゃんと体の中から出てくるのです。

| 石けんシャンプー | 21:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
泡立ちが大切
いつもありがとうございます。

お客さまによっては、固形の石けんでも髪を洗う・・・ヘアサロンみどりです。

固形石けんの洗浄力って、、、侮れませんよ。(笑)

さて、石けんで髪を洗う時は、頭皮での「泡立ち」が大切だと、
このブログでも講演会でも、何度もしつこく言っています。

洗っている時に、頭皮で泡が立たない状態で終わると、
汚れが落ちない→石けん分と汚れが髪と頭皮に残る→後でベタベタする・臭い
となるわけです。

石けんシャンプーでは、細かい泡が立つことが、シャンプー終了のサインです。
シャンプーの泡が、センサーの役目をしています。

これが、他の“どんな状態でも泡立つシャンプー”と違うところです。

当店では、お客さんのシャンプーの時に、二度洗いが基本ですが、
全然泡立たなくて、三度、四度…と洗う人もいます。(^_^;)

そういう人は、髪が汚れているというよりも、
使っているリンス・トリートメントの付着がすごいんですけど…ね。
ついでに香料の匂いもすごい…ですけど。。。

そんな何度も洗わないとダメな髪を、石けんできれいに洗ってやると、
乾かした時に、サラサラになって軽くなります。

恐るべし、、、リンス・トリートメントのコーティング成分。。。(^_^;)

頭皮から出る皮脂というもの、結構、強力なコーティング成分です。

だから、数日シャンプーしていない髪は、
それなりにしっかり泡立てて洗いたいものです。

中途半端に残すと、加齢臭が出ちゃった…なんてことにも。。。

私と同世代のみなさん、お気をつけください。(笑)

石けんで洗っているのに、頭が臭いとかベタベタすると言う人は、
泡立ちを確認してみて下さい。
| 石けんシャンプー | 23:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
固形せっけんで洗髪
いつもありがとうございます。

石けん専門の理容店、ヘアサロンみどりです。

当店では石けんシャンプーを販売しています。

先日も、「シャンプーが終わっちゃって困った!」
っと言って、シャンプーを買いに来たお客さんがいました。

「少なくなってきてから、家族でちょっとずつ使ってた…」
とのこと。。。

「それなら、固形の石けんで洗えば良かったですね」
って言ったら、「あー!そうなんだ!」との驚いていました。。。

そうなんです。
液体も固形も、同じ石けんだから、髪も洗えるんです。
私も、温泉などへ行く時は、固形石けんを持って行って洗っています。

石けんで髪を洗うと傷む・・・とかいう人がいますが、
固形石けんでも、髪を洗っていいんです。

できらた、石けん分98%の純石けんが良いんですけどね。

洗った後にきしむようだったら、酸性リンスをすればOK!

まあ、固形石けんにも、色々とあるんすけど・・・ね。

どんなのが良いのか迷ったらご相談ください。
| 石けんシャンプー | 22:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
ダメージ毛も…洗えます
いつもありがとうございます。

美しい髪は、毎日のシャンプーから・・・、
せっけんシャンプーの床屋、ヘアサロンみどりです。

今日、関東などではもう春一番が吹いたとか。。。
この時期にしては、ウソのような暖かい一日でしたね。

でも、また明日からは、一気に冬に戻るそうなので、風邪には気をつけましょう。

さて、、、今日来店されたお客さんの話ですが、、、
アルカリカラーで染めていて、茶髪のダメージ毛の人でした。

かなりカットしたので、毛先の傷んでいる部分は、ほとんど無くなりました。

が、まだ全体的に、髪は傷んでいる状態でした。。。

一般的に言われる「ダメージ毛」という状態です。

うちでは、全てのお客さんを石けんシャンプーで洗うので、
もちろん、ダメージ毛も石けんシャンプーで洗いました。

(他のシャンプーで洗ってと言われても、石けんしかないから…ね)


(しっとりせっけんシャンプー)

しっかり泡立てて、二度洗いしてから、酸性リンスでリンスして、
あとはタオルドライして、ドライヤーで乾かしただけです。

これで、サラサラ…とは言えませんが、パサパサにはならず、
髪本来の軽さのある仕上がりになりました。

巷では、「傷んだ髪は石けんで洗えない」なんて言われますが、
そんなことはありません。

傷んだ髪も石けんで洗えます。

ただし、洗い方が大切なんですけど。。。

商品の成分よりも、その使用方法が大切。。。

ちょっとコツがありますが、それさえマスターすれば大丈夫。

っと言っても、その人の髪質や髪の状態にもよりますので、
石けんの使い方についてはご相談ください♪
| 石けんシャンプー | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
使いにくい…の?
いつもありがとうございます。

先日、新聞の朝刊に、せっけんシャンプーの広告が載っていました。

大手石けんメーカーの「無添加せっけんシャンプー」の紹介です。

石けんシャンプーの広告を見かけるのは稀なので、じっくり見ちゃいました。

見出しが「使いにくいのに、なぜ人気?」ということで、
石けんシャンプーが選ばれている理由が書かれていました。

こうやって、石けんシャンプーの良さが広まるといいですね。。。

ただ、「石けんシャンプー」=「使いにくい」というのはちょっとね・・・。(^_^;)

どうしてそう決めつける??・・・というのが私の感想です。

私たちは、石けんシャンプーは使いにくいとは、思っていませんから…。はい

使うには、ちょっとコツがいるだけ。。。

シャンプー剤の問題ではなく、使い方の問題です。

使いにくくなっているのは、シャンプーの所為ではなく、
その人の髪の毛の所為、、、という場合も多い。

本当に使いにくいと、長続きしませんから…。

メーカーから「使いにくい」と言われると、使いたくない人もいる・・・からね。

まあ、そんな人に使い方を教えるのが、私たちの任務だと思っていますけど。。。

なので、石けんシャンプーは、決して“使いにくいシャンプー”ではありません。

そこを勘違いされたくないな・・・と思いました。



でも、もしかして、そこのメーカーのシャンプーは使いにくいのか?! (-_-;)
| 石けんシャンプー | 22:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽い髪
いつもありがとうございます。

せっけんで髪を洗う茅野市の床屋、ヘアサロンみどりです。

同業者の人や、化粧品会社の人からは、
「せっけんはアルカリ性だから、髪を洗うなんてとんでもない!」
「せっけんは、せっけんカスができるからよくない!」
と言われますが、どんな髪でもせっけんで洗っている理容店です。(笑)

最近は、髪を洗うのに、シャンプーのアルカリ性とか酸性とか、
せっけんカスができるとか、できないとか、そんなことは関係ない
・・・と思っている理容師です。(^_^;)

それよりも、中に入っている成分とか、洗い方のほうが大切ですね。

シャンプー剤に望むことは、
髪についている汚れや、頭皮の皮脂をしっかり落とし、
すすいだ後には、髪に変な成分を残留させないこと。

当店のお客さんは、家でもせっけんシャンプーを使っている人が多いのですが、
そうではないシャンプーを使っている人も、(数は少ないのですが)何人かいます。

そういう人の髪は、とにかく重たい。。。ベットリしている。。。
何かが、髪をコーティングしている・・・感じです。

だから、うちの店でシャンプーした後には、髪が軽くなって、
サラサラになって帰って行きます。

軽い髪のほうがヘアスタイルも作りやすいですからね。

それも、石けんで髪を洗っている理由の一つです。
| 石けんシャンプー | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
profilephoto