Beuty!Healthy!Happy! (健康美髪師ブログ)

長野県茅野市の理容店「ヘアサロンみどり」の店主が書いています。
当店は、ヘナと石けんシャンプーの理容店(床屋)です。
髪と頭皮の健康を考えて、石けんシャンプーの利用を勧めています。
「ヘアスタイルは健康な髪が基本」という考えから、髪という「素材」を大切に仕事をしています。
美と健康と幸せを感じる生活を目指し日々奮闘中!
<< カットの消費期限 | main | 記憶の片隅に… >>
ヘナのメリット

いつもありがとうございます。

 

当店で白髪染めと言えば、ヘナという植物の葉っぱです。

 

そんな植物の葉っぱで染まるの?

・・・っと思うかもしれませんが、これが侮れません。

 

髪の毛を染めてきた歴史は、あのクレオパトラもヘナで染めていたとか。。。

 

現在の毛染め剤に比べたら、歴史が違います。

 

しかも、髪を傷めないで染めることができます。

 

ヘアカラーと呼ばれる化学的な毛染め剤は、

髪の中に薬剤を使って、強引に色素を入れて染めています。

脱色と染色を一緒にするので、

ほとんど髪を傷めて染めているようなものです。

 

なので、染めれば染めるだけ、髪は傷みます。

 

それが、ヘナは、髪に滲みこむように入っていって、

色素がくっ付くように染まるだけなので、髪は傷みません。

 

さらに、良いことに、髪を補強する働きもあるのです。

 

なので、染めれば染めるだけ、髪が良くなるのがヘナの特徴です。

 

(ただし、傷んだ髪が直るわけではありません)

 

当店で、月に一回ヘナで染めているお客さんの髪は、

ハリがあって、こしがある髪の人が多いですね。

 

トリートメントとしてヘナをされる人もいます。

 

時々、「石けんで洗ったら、ヘナの色が早く落ちた…」

という話を聞きますが、きちんと染めてあれば、そんなに早く落ちないと思います。

 

石けんで洗うのと、他のシャンプー剤で洗うのと、

色落ちのスピードには、あまり差がありません。

 

むしろ、石けんで洗っていた方が、色もちが良い気がしますけど…ね。(^^)

 

ヘナは、髪の毛の中の、たんぱく質に染まっているので、

髪が傷んでいなければ、そんなに色落ちはしないんですよ。

↑ここが大切!

 

石けんで洗った後には、酸性リンスをしてやると、

色もちは、もっと良くなります。

 

石けんシャンプー用の酸性リンスって、

結構、洗髪後の髪の状態を整えるには、優れものです。

 

実は、髪の毛は、弱酸性を好みますからね。

 

ヘナの色落ちが早く感じる方はご相談ください。

| ヘナ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hs-midori.com/trackback/1100990
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
profilephoto