Beuty!Healthy!Happy! (健康美髪師ブログ)

長野県茅野市の理容店「ヘアサロンみどり」の店主が書いています。
当店は、ヘナと石けんシャンプーの理容店(床屋)です。
髪と頭皮の健康を考えて、石けんシャンプーの利用を勧めています。
「ヘアスタイルは健康な髪が基本」という考えから、髪という「素材」を大切に仕事をしています。
美と健康と幸せを感じる生活を目指し日々奮闘中!
<< カット講習 | main | 自然乾燥の条件 >>
低温で乾かす

いつもありがとうございます。

 

今朝は氷点下まで冷え込みました。(((-◇-)))寒い!

 

家から見える八ヶ岳は、山頂付近が白くなってきれいです。

もうそろそろタイヤ交換をしないといけませんね。

 

さて、もう気付いている方もいるかもしれませんが、、、

お店で使っているドライヤーが替わりました。

 

って、正確には、新しいドライヤーが加わりました。

 

ちょっと大きくて、重くて、音のうるさいドライヤーです。

 

ネットでは、理美容師の評判は良いようですが…。

 

一般に「低温ドライヤー」と呼ばれるものです。

 

普通のドライヤーは、吹き出し口の温度は120℃くらいと、

かなり高温の熱風が出ます。

 

これは、Lowモードで65℃、 Hightモードで80℃と、

普通のドライヤーよりも低温の風が出るのが特徴です。

 

なので、巷では「低温ドライヤー」と呼ばれてます。

 

髪は60℃以上の熱で傷むと言われていますので、

ドライヤーの風の温度は、低いほうが髪が傷みません。

 

なので、普通、ドライヤーを使う場合は、

高温の風が当たらないように、髪から離して、

一か所に長く当たらないように、振って使います。

しかも、できるだけ使用時間も短くします。

 

が、この機種だと、髪に近づけても大丈夫です。

振る必要もなく、頭皮に当たっても心配なしです。

 

温度が低いだけに、乾かすのに時間が掛かるのでは?

…っと思いますが、乾くスピードは、意外と変わりませんね。

 

低温ドライヤー自体は、昔からあるモノのですが、

これは、本体の構造やセラミックに工夫があるようです。

 

今は長い髪の人に使っていますが、仕上がりも良好です。

吹き出す風が、手にも優しく感じます。

 

商品説明に書いてある、マイナスイオンとか○○光線という内容は、

私にとっては、どうでもいい事ですけどね…。(^^;)

まだ疑心暗鬼です。

 

ドライヤーの風で、傷んだ髪は復元しませんので。。。

間違っても、このドライヤーでも髪は復元しませんから。。。

あしからず。

 

でも、髪を乾燥する時に、傷めない温度であることは優位ですし、

お客さんによって、使うドライヤーの選択肢ができたことは良い事です。

 

もうちょっと、ファンの音が静かだと良いんですけど…。

あと値段ね…。(^^;)

 

多分、このようなドライヤーは、これからもっと普及すると思います。

 

興味のある方はご相談ください。

| 髪の毛 | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.hs-midori.com/trackback/1101026
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
profilephoto