石けんシャンプーの理容店【ヘアサロンみどり】ブログ

茅野市の理容店「ヘアサロンみどり」の店主が書いています。
当店は、石けんシャンプーとヘナの専門店です。
髪と頭皮の健康と美しい髪のために、
洗髪に石けんシャンプーを勧めています。
「ヘアスタイルは健康な髪から」
髪という「素材」を大切に仕事をしています。
植物染料「ヘナ」
当店では、白髪染めには、全て「ヘナ」を使っています。

ヘナとは、ミソハギ科の植物です。
主に、インド、ネパール、パキスタンなどの、
西アジアに自生しています。
乾燥した土地で育つ、大変生命力の強い木で、
1.5m〜3mくらいまで伸びると言われています。

その木の葉を乾燥して、すりつぶして、粉末にした物が、
ヘナと呼ばれ、白髪染めに使われます。
本場インドなどでは、毛染めはもちろん、草木染めの染料や、
医薬品や、肌に模様を描くタトゥーとしても使われています。 

ヘナは、葉に含まれる色素が染料となり、髪が染まります。
ヘナで染めると、白髪はオレンジ色に染まります。
オレンジ色と言っても、その明るさは様々で、
その人の髪質によって、発色の明度は異なります。

これが、天然の素材の面白いところですが、、、
ヘアサロンでは、技術者泣かせのところでもあります。

ヘナ(パン・エフピー)
続きを読む >>
| ヘナ | 20:01 | comments(2) | - |
ヘナの色落ち
本日、当店でいつもヘナ染めをしているお客さまから、
ヘナについての質問がありました。
(M様、いつもありがとうございます)

「前回、ヘナで染めた後、帽子を被って仕事をしたら、
帽子にヘナの色が付いてしまった」との事。

なので、「色が落ちしないようにできない?」という質問です。

ご迷惑をお掛けして、申し訳ありませんでした。m(__)m
アフターケアについて、説明不足だったようです。

ヘナで染めた後、2〜3日の間は、
洗髪後に濡れていたり、汗をかいて髪が濡れると、
襟や枕や帽子に、色が付くことがあります。
色が付いても良いタオルなどで、保護したほうが安心です。

これは、染毛後に、髪の表面についているヘナが、
髪が濡れることで、徐々に落ちてくるのが原因です。

もう少し、詳しく言うと、
染めた後、洗髪で、完全に落ちなかったヘナと、
髪の表面の、キューティクルの領域に残っていたヘナが、
水分(汗)と髪の膨潤によって、落ちてくるわけです。

なので、髪内部のタンパク質に染まっているヘナの色が、
落ちてきたわけではないので、ご安心を…。

2、3日、シャンプーをきちんとすれば、色落ちもなくなります。

ただ、ご家庭で以下の事に気をつけてもらえれば、
この「初期の色落ち」も、かなりなくなります。
続きを読む >>
| ヘナ | 22:40 | comments(0) | - |
デンマンブラシ
デンマンブラシ

お店で使っている「デンマンブラシ」がヘタってきたので、
この度、買い替えました。

デンマンブラシとは、デンマン社製のヘアブラシの名前ですが、
ヘア業界では有名な商品で、愛好者も多いブラシです。

当店でも、女性のお客さまのブローやセットに使っていて、
家では、超ロングヘアの妻や娘も、愛用しています。

一度使うと、手放せないようです。(笑)

このブラシ、もう少し説明すると、、、

デンマンブラシ

伝統と誇りある、英国製のデンマンブラシ
半世紀以上にわたり、世界中のプロに愛用され続けている、
ロングランヒット商品。
抜群のグリップが特長で、耐熱性、耐薬性に非常に優れている。
ドライヤーの風が、髪の奥まで送り込まれ、髪サラサラ、
使い手に優しい、ブローがしやすいブラシです。
髪の長さを始めとした、色々な条件によって使いやすいように、
商品には、歯の並びが5、7、9行という種類がある。

っというモノです。
続きを読む >>
| ヘアケア | 21:21 | comments(2) | - |
石けんの膨潤
このところ難しい話が続きますが、、、
(って、どうでも良いと言えば、どうでもいい?(笑))

今日も髪の膨潤についてです。

髪の毛は、水に濡れると膨らみます。
これを、膨潤と言うのですが、
膨れることによって、髪の内部に水分や、色々な成分が入りやすくなります。
(同時に、髪の内部の成分も、外へ流失しやすくなります)

イメージ的には、キューティクルの隙間を通って、
水分と一緒に、色々な物が出入りする…という感じです。
(実際はちょと違うのですがね。(^_^;))

で、前にも書きましたが、水に濡れると髪の毛は、
太さが、12〜15%太くなると言われています。

が、どれくらい膨れるかという膨潤度は、
実は、溶液の「pH」によって違ってきます。

アルカリ性で膨潤する事はよく言われますが、
実は、髪は、酸性側でも膨潤します。
ただ、アルカリ性側の方が、膨潤する度合いが高いので、
髪はアルカリで膨潤すると言われるわけです。

さて、そのpHの違いで、どれくらい膨潤度が違うの?
ですが、、、
続きを読む >>
| 髪の毛 | 20:29 | comments(2) | - |
開店記念日
昨日、9月9日は、当店の開店記念日でした。

おかげさまで、この地で理容業を初めて19年も経ったわけです。
本当に早いなぁ〜・・・っと感じています。
上の娘も、もう17歳ですから・・・ね。

このことをお客さんに話すと、

「俺、ここに来た時は小学生だったよ」

「えっ!娘さんもう高校生?あんなに小さかったのに」

「あ〜、それだけ、自分も歳をとったんだよね」

など、みなさんの反応が面白いです。

みなさんの19年前は、どんな年だったのでしょうか?
バブル絶頂期で、踊ってました?(笑)
続きを読む >>
| お店の紹介 | 17:55 | comments(2) | - |
膨潤2
前回、髪の膨潤について書きました。

その続きです。

「石けんの膨潤では、髪は傷まない」

っと言いましたが、、、、
洗髪の方法によっては、傷みます。

石けんをきちんと泡立てて、
髪にストレスが掛からないように洗髪すれば、
髪は傷まないわけで、
その辺を誤解しないようにして下さいね。

膨潤した髪が、傷みやすい事は事実です。

続きを読む >>
| 髪の毛 | 21:37 | comments(0) | - |
膨潤
さて、前に、
石けんは、弱アルカリ性だから髪が傷む

という「pHの誤解」について書きました。

さらに、石けんで髪を洗う行為に対して、

「石けんは、弱アルカリ性だから、髪が膨潤して傷む」

とも言われます。

本当にそうなのでしょうか?

これも、ちょっとした誤解があると思います。

残念ながら(?)、単純に、

石けん=膨潤=傷む 

ではないんですね。

この、あまり聞き慣れない言葉、「膨潤」と言う事柄ついて、
ちょっと書きたいと思います。

続きを読む >>
| 髪の毛 | 20:42 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2007 >>
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
profilephoto