Beuty!Healthy!Happy! (健康美髪師ブログ)

長野県茅野市の理容店「ヘアサロンみどり」の店主が書いています。
当店は、ヘナと石けんシャンプーの理容店(床屋)です。
髪と頭皮の健康を考えて、石けんシャンプーの利用を勧めています。
「ヘアスタイルは健康な髪が基本」という考えから、髪という「素材」を大切に仕事をしています。
美と健康と幸せを感じる生活を目指し日々奮闘中!
傷みの原因
いつもありがとうございます。

標高900メートルにある、茅野市の床屋、、、ヘアサロンみどりです。

こう書くと、都会の人は、すごい所にある床屋だ!…と思いますね。たぶん。
でも、田舎の、普通の閑静な住宅街にある床屋です。はい

さて、髪の傷み(ダメージ)についてですが、、、
ドライヤーの熱というのは、結構、ポイントが高いです。

髪の傷みの原因と言えば、、、
理容店で行うパーマ、アイロン、カラーなどの特殊技術はもちろん
自分で行うブラッシング、シャンプー、ドライヤーなどのやり方や、
太陽の紫外線、海水、プールの塩素消毒など、原因は色々あります。

でも、その中でも、ドライヤーの影響って大きいなと思います。

毎日、使っている人は要注意ですね。

「髪は濡れたまま寝ると傷むから、
 洗髪したら必ず乾かさないといけません!」
という人が多いですけど、、、
私は、そんなに気にすることはない…と思っています。

髪が長い人でも、ちゃんとまとめて寝れば大丈夫。

もちろん、何もしないで、バサバサ状態で寝ちゃうと、
擦れて、絡まって大変なことに…なるのは当たり前。

ただ、巷で騒ぐほどは傷まない…というのが、私の見解。

それよりも、「毎日ドライヤーを使っている」
という人のほうが、傷んでいる確率が高い。

ドライヤーも、やっぱり使い方が大事。

できるだけ傷めない使い方は、ご相談ください。

それでも、どんなに気を付けていても、やっぱり傷めちゃう…。
毎日使う人は特に。。。

なので、うちでは自然乾燥を勧めています。

ヘアスタイルを作るにはどうしても必要なのはわかりますが、
やはりドライヤーの使用は、最低限にしたいものです。

そういえば、最近、
掃除機と羽根のない扇風機で有名なD社が、ドライヤーを発売しましたが、、、
アレってどうなんでしょ?

ちょっと気になっています。。。
(でも値段が・・・(´・ω・`)
| ヘアケア | 22:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
髪の日焼け
いつもありがとうございます。

相変わらず、、、御柱祭の日焼けが戻らず、まだ黒い顔をしています。σ(^_^)

新陳代謝が悪いのも歳の所為…でしょうか?(-_-;)

さらに、髪の毛にもパサパサ感が出てきました。。。

やっぱり、お祭り中、帽子はかぶらないで太陽の下にいたので、
頭皮だけでなく、髪も、日焼けで傷んだようです。

髪は、肌のように、日焼けで炎症を起こすとか、皮が剥けるとか…はないのですが、
やはり、たんぱく質でできているので、太陽の紫外線で傷みます。

髪の中には、メラニン色素という紫外線から守ってくれる色素があるので、
肌よりは損傷しませんけどね。
それでも、髪の表面のキューティクルの損傷は進みますから…。

なので、美髪のためには、紫外線には注意したいですね。

特に、ロングヘアの人は要注意ですよ。

私のように、ショートヘアなら、カットすればいいですけど。。。

これからの季節、太陽に下では、帽子着用をお勧めします。

「何もしていないのに、髪が傷んできた…」という人がいますが、
意外と、紫外線の影響だった…なんてこともあります。。。

私は、とりあえず、石けんで洗った後には、リンスをするようにしました。

これで、パサパサ感は解消しています。

もうこれ以上、顔も、髪も、頭皮も…焼いちゃいけませんね。
| ヘアケア | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
自然乾燥は・・・ダメ?!
いつもありがとうございます。

シャンプーのあとの髪は、できるだけ自然乾燥を勧めている、、、
石けんシャンプーで髪を洗う理容店、ヘアサロンみどりです。

巷では、、、
洗髪後の濡れた髪は、自然乾燥なんかしちゃダメダメ・・・
と言われている・・・みたいですね。(^_^;;;

その理由を、ネットで検索してみたら、、、
・濡れていると、頭皮に雑菌が繁殖して、臭くなる。
・濡れた髪は、キューティクルが開いた状態なので、擦れると傷む
というのが、主な理由でした。

なるほど、、、そうかもね。(^_^;)
って、いやいや、本当にそうなの??
大体、雑菌って何?(笑)

自然乾燥の否定派ばかりで、ちょっとビックリです。(@_@;)

でもね、我が家では、スーパーロングの妻を筆頭に、ロングヘアの娘が2人いましたが、
みんな毎日、シャンプー後に自然乾燥でした…。
でも、全然、変な臭いも傷みもありませんでした。

不思議ですね〜。

濡れていても、臭くならないし、
濡れた寝ても、傷まなかった…のですよ。
本当に…。

そう、何でも、やり方次第です。

臭くなる主な原因は、
シャンプーで、皮脂や整髪料などの汚れが、
きちんと落ちていないからです。

泡立ちの良いシャンプー剤を使って、髪をゴシゴシしただけでは、
頭皮や髪についている皮脂や整髪料は、流れ落ちないんです。
汚れがきちんと落ちていないから、あとで臭くなる。。。

頭皮にいる常在菌のバランスが乱れるのは、
使っているシャンプー剤の影響もあります。

石けんシャンプーで、しっかり汚れを落とせば、
後で、臭くなることも、かゆくなることもありません。

もちろん、洗い方というのが、とても大切なんですけどね。。。

洗い方がダメな場合は、臭くなります。。。えぇ

髪って、濡れていても、かなりゴシゴシ擦らないと傷まないものです。
だから、絡まないように簡単にブラッシングして、
タオルなどで包んで、擦れないようにすれば、そのまま寝ても大丈夫です。

ドライヤーの熱のほうが、傷む危険性は高い…。

なので、「自然乾燥は良くない!」という話を聞くと、
いやいや、その人のやり方次第だな・・・と思っています。

当店では、単に自然乾燥を勧めているわけではなく、
自然乾燥させる場合の注意点も、教えています。

毎日シャンプーしているのに、頭が臭い…とか、
髪が傷んできた…と言う方は、ご相談ください。
| ヘアケア | 22:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
男の顔剃り
いつもありがとうございます。

当店は理容店(床屋)なので、顔を剃ることができます。

それも、ヒゲだけを剃るだけでなく、顔全体を剃ります。

眉毛を整え、目の周りや鼻の脇のうぶ毛まで剃るのです。

男性の顔も、うぶ毛を剃ると、白くなって明るくなります。

女性でしたら、化粧のノリが格段によくなります。

先日、いつもは顔を剃らないと言う男性のお客さん、、、
久しぶりに顔を剃って、一言、、、
「やっぱり顔を剃ると気持ちいいし、顔がハッキリするわ」

確かに、剃る前よりも男前になりました。(^^)

男の顔も、眉毛や目の周りがきれいだと、見た目が違います。

当店では、男の顔作りもお手伝いしています。

男の顔そりもプロにお任せ下さい。

ヘアスタイルだけでなく、眉や髭のスタイルについてもご相談ください。
| ヘアケア | 22:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
寝ぐせ
いつもありがとうございます。

先日、お客さんから、
「寝ぐせを直すもの・・・ないですか?」
と質問されました。

スーパーなどには、寝ぐせ直しを謳ったスプレーとかミストがあり、
たぶん、そんな商品が欲しかったのかも知れませんが。。。
すいません、うちには置いてありません。m(__)m

寝ぐせは、水スプレーで大丈夫ですよ。

髪を水で濡らすことで、直すことができます。

ポイントは、髪の根元まで濡らすことと、
濡らしたら時間を少しおくことですね。

癖は、毛先だけでなく、根本から直さないとダメだし、
水分が髪の中まで浸透するのにはちょっと時間が掛かるのです。

あとは、ドライヤーで乾かして、セットすればOK。
髪は、乾く時に癖がつきますから、気をつけてくださいね。

私も、短髪ですが、朝は寝ぐせがついています。(^_^;)

私は、そこだけ濡らして、櫛で梳かして直すこともありますが、
面倒なので、いつも洗髪しています。
全部シャンプーして乾かすのは、手間がかかりますが、
その後ドライヤーでセットしてしまえば、そのほうが結局早いのです。
お店にはシャンプー台がありますからね♪

最近のヘアスタイルには、寝ぐせなのか、、、お洒落なのか、、、
よくわからないスタイルがありますよね・・・。

時々、寝ぐせがカッコよくついている時もあったりして・・・。
そんな時は、そのままにしたりして・・・。(^^ゞ

寝ぐせを生かしたヘアスタイルも楽しいものです。(^_^;)
| ヘアケア | 22:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
美髪も健康な体から…
いつもありがとうございます。

美しい髪や元気な髪を作るためのお手伝いをする、、、
茅野市の床屋ヘアサロンみどりです。

床屋という言葉、、、ダサイとか、差別用語だとか言われますが、、、
全然気にしていません。私たち。。。

ザッツ、床屋! ザッツ、理容! が当店のテーマです。!(^^)!
(嘘です)

さて、前回、美肌は自分の健康な体から作られる・・・と書きましたが、
美しい髪(美髪)も健康な体から作られます。

髪の毛も、頭皮の下の毛根という所で作られます。

そこで生まれた髪の毛は、4〜6年くらい伸び続けて、抜けていきます。

その間、毛穴から出てから傷んでしまった髪の毛は、元に戻ることはありません。

だから、健康な髪を生むのも、育てるのも、自分自身です。

健康な体から、健康な髪は生まれます。

美しい髪は、いかに、自分で傷ませないようにするか・・・だけです。

理美容師が、どんなすごい技術や、すごい薬剤を使っても、
美しい髪を作ることは根本的にできないのです。

私たちは、見せかけの美しい髪は作れますけど・・・ね。

理容師が「美髪にする」なんて、おこがましくて言えないよ…。

できることは、一時的に誤魔化してやるだけ…。

なので、私たちは、食べる物にも、日々の健康管理にもうるさい理容師です。(^_^;)

美しい髪は、ご自分の、毎日の食事と運動から生まれます。

そして、自分でする、毎日のシャンプーとヘアケアによって髪の傷みが違ってきます。

髪の健康も、自分で気をつけるしかないのです。

あ…ヤバイ!?・・・と思った方はご相談ください。

美髪を作るお手伝いをさせていただきます。
| ヘアケア | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
正直な商売
いつもありがとうございます。

健康な髪をヘナで染める、、、ヘアサロンみどりです。

(・・・こんな書き出しを、しばらくしてみます)

年末が迫って来ましたが、、、
縁側の大改修工事も、やっと佳境に入っています。

樹脂のサッシが入り、断熱材を入れた内壁ができ、床も新しくなりました。

これで、やっと隙間がなくなって、暖かい家になりました。

今年が暖冬で、本当に良かった〜!

今回の建築屋さん、、、本当に、細部までこだわっています。

サッシ、断熱材、床材、塗料などの、種類や素材や工法など、
壁の中の見えない所まで気を使ってくれてます。

やっぱり大切なのは職人としての信用だよなぁ〜。

後から見えないからって、手を抜いた工事や偽装の問題が騒がれましたが、
そういう、後で人を悲しませるようなことは、やってはいけない・・・よね。

私たちも、理容師として、そういう仕事をしてはいけないと決めています。

お客さんが、店から出る時だけでなく、家に帰ってからも、
明日になっても、一週間後でも、ずっと笑顔でいられるようにしないとね。

これからも、見えない所、細部までこだわった仕事をしたいと思います。

なので、毎日使っている、シャンプーなどのヘアケア商品や、
クリームなどのスキンケア商品、体と髪を作る「食品」までこだわらないと…。

私たちも、まだまだ勉強です。
| ヘアケア | 22:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
カラー剤には注意
いつもありがとうございます。

先日の衛生管理の講習会で、保健所の担当者が言っていたのですが、、、
「毛染めによる皮膚障害が多いので気をつけてもらいたい」とのこと。。。

消費者安全調査委員会の発表によると、
 毛染めによる皮膚障害が起きた事例は、
 昨年度までの5年間で約1000件、昨年度は219件あり、
 そのうち治るまでに1か月以上かかる事例が39件あった。
そうです。

大体、毎年200件くらいの事例が報告されていようです。
実際は、報告されない事があるから、もっと多いのでしょうけど…。
かなりの人数ですね。

皮膚障害と言っても、その症状は色々です。

毛染めによる皮膚障害の多くは、接触性皮膚炎です。
かぶれだけでなく、アレルギー性の接触皮膚炎もあります。

その皮膚障害の原因は、、、、主に、
アルカリカラーとかヘアダイと呼ばれる「酸化染毛剤」。
酸化染毛剤とは、2つの薬液を混ぜて使うタイプの毛染め剤です

この毛染め剤には、たくさんの化学物質が入っています。

個人的な意見ですが、、、
酸化染毛剤は、一般に市販されていて、家庭で自分で染められますが、
あんな危ないモノを、家で、個人で、頭に使うのは避けたい…ですね。

だって、理美容店で、プロがお客さんに染める時にも、
施術者はしっかりと手袋をはめますからね。。。

そんなものを、髪だけならまだしも、頭皮までつけるなんて…怖いです。

本来なら、毛染め剤を使う前には、毎回、「パッチテスト」という、
皮膚アレルギー試験をしないといけないのですが…。
毎回やってます?? 
リスクに対しての説明は、読んでいます? 聞いています?

まあ、毛染め剤については、大人の都合で、あまり悪口は言えませんけど…。(^_^;;;

そんな理由もあって、当店では、酸化染毛剤を使わなくなりました。

ご家庭で使う場合は、よく説明書を読んで、納得してから使ってくださいね。

万が一、アレルギー性の皮膚炎にでもなったら、泣くのはご自分ですから。。。

心配だと思う方は、ご相談ください。
| ヘアケア | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
不自然な髪
いつもありがとうございます。

当店は石けんシャンプーの床屋です。

なので、家庭でも石けんシャンプーを使っているお客さんが多いので、
ありがたいことに、きれいで健康な髪の人が多いです。

正直、健康な髪はカットしやすいし、スタイリングも簡単なので助かります。

でも、時々ですが、、、“不自然な髪”のお客さん…もいたりします。

どんな髪かと言うと、、、
 とてもいい匂いとは思えない、合成香料の臭いがします。
 髪に元気がなく、重い感じでベタッとしています。
 水で濡らすと、水を弾くことなく濡れてベタッとなります。
 家で使っているシャンプー剤を聞くと、よくTVCMで見るシャンプー剤です。

もう、髪の表面に色々な化学物質が付着している…感じです。

使っているシャンプー剤やトリートメント剤に入っている成分によって、
髪の外側だけでなく、内側までコーティングされているのでしょう。

妻は、昔、酷い手荒れで苦しんでいたこともあり、
化学物質にはとても敏感な手をしています。

なので、妻は、不自然な髪をカットした時には、すぐに指がかぶれます。
本当に「あ〜!何かにかぶれた〜!」っと大騒ぎです。

原因は、お客さんの髪に付着していた化学物質に違いありません。

これって、実は怖い話ですね。
そんな物質が髪に残っているとは…。
でも、原因物質の特定は難しいと思います。。。

当店では、そんな人の髪も、石けんシャンプーでしっかり洗って、
変な成分はバッチリ落として、すっぴん状態にしてやります。

すると髪が軽くなり、ふわっと立ち上がって、生き返ったようになります。(^^)
完全ではありませんけどね…。

やっぱり髪も、自然のままが一番です。

これは、頭皮や肌にも言えることです。

頭皮にトラブルが起きたら、まず使っているシャンプーを疑いましょうね。
| ヘアケア | 23:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
洗わない美髪術
いつもありがとうございます。

私たち、2、3か月に一回くらいの割合ですが、、、
近くの老人福祉施設へ散髪の仕事に行っています。

理容道具を持って施設を訪問し、施設の中で、
入所されている高齢者の髪をカットしています。

で、その時に、いつも思うことがあります。

それは、「みんな、髪の状態がいい」・・・ということ。

カットするお年寄りの髪が、みんな健康でなのです。

大きくて人数の多い施設ですから、たぶん、入浴は毎日ではないと思います。

だから、髪を洗うのは、2〜3日に一回だと思います。
(もっと少ないかも…)

それでも、頭皮も髪も臭くはありません。

しかも、髪は全く傷んでいなくて、いい髪の毛です。

これは、洗う頻度が少ないことと、
余計なヘアスタイル剤や、整髪料をつけないからでしょう。

やはり、究極のヘアケアは「髪を洗わない」ことだなぁ〜
っと、カットしながら思っています。

みんな髪が健康なので、カットするにも一苦労。。。(^_^;)

若いうちは、皮脂の分泌も多いので、毎日洗ってもいいですが、
歳を取ったら、シャンプーは2〜3日毎でOKだと思っています。

特に、日本人は洗い過ぎです。

CMでは、毛穴の奥まで洗え!とか、無茶苦茶なこと言うし…。(笑)

「いやいや、それじゃあベタベタしたり、臭くなるでしょう?!」
という人は、実は、きちんと洗えていない可能性が高いですね。

衣類の洗濯の時に、泡立ちがなくて洗った時の洗濯物が臭い…のと同じです。

髪と頭皮の汚れをきちんと落としていたら、
どんなシャンプー剤を使っても、臭くならないのです。
(頭皮と常在菌が元気なら…という条件もあるけど)

そして、洗うことで必ず、髪は傷むのです。

「洗う」という物理的な行為もそうですが、
石けんも洗剤ですから、表面は少なからず傷みます。

髪は一度傷んだら直りませんから…。

私、いつか、「何もしないと美髪になる!」とか、
「洗わない美髪術」という本を書こうかと思います。(笑)

若い人より、年寄りのほうが髪は元気・・・な日本って、
変ですよね?!
| ヘアケア | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
RECENT COMMENT
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
profilephoto